キエフ旅行で楽しめるごはんについて


2
画像参照:Ivan Bandura

ウクライナの首都キエフを訪れた際には、ごはんも大きな楽しみの一つとなります。
キエフには日本でも有名な人気料理があり、旅行では本場の味をじっくりと味わうことが出来るのです。

この国を代表する料理といえば、例えばボルシチが挙げられます。
ボルシチは世界各国でも今やポピュラーな料理の一つで、ウクライナ本国のレストランでも
至る所で提供されているメニューです。野菜たっぷり具材を入れるボルシチですが、
ビ―ツと呼ばれる赤カブを使用するのが本国流で、サワークリームが濃厚なコクを加えてくれます。

また、この国オリジナルのチキン料理も是非とも押さえておきたいメニューです。
ハーブをふんだんに使用したバターがチキンカツに包まれているのが特徴で、
アツアツを味わえばとろけるバターの風味も楽しむことが出来ます。

キエフのごはんメニューは、東欧諸国の中でも日本人の好みにマッチしたものが多く、
外食の際にも抵抗なく味わうことが出来ます。

じゃがいもやなす、きゅうりなどを使用したアレンジメニューは、現在の日本の家庭の食卓にも
違和感なく馴染むものが多いです。

旅行の際には、色々なメニューを味わって
帰国後、日本でも家庭料理にも取り入れていけば、ごはんのレパートリーの数も大幅に増えることは間違いないでしょう。
ちょっとしたスパイスやハーブの使い方のコツを覚えてくることで、いつものメニューもぐっと本格的にアレンジ出来るのです。